つぶより野菜 楽天

野菜の健康成分と効能

1日に摂取する野菜の推奨量は350gとされますが、

食べ物の洋風化もあってか日本人は不足気味であるといいます。

 

野菜に含まれる様々な健康によいと言われる成分ですが、
代表的なものとして以下の様なものが言われています。

 

玉ねぎの辛味成分の硫化アリルは新陳代謝を促進し、
血液サラサラ効果があり糖尿病や高血圧、更に皮の茶には動脈硬化の予防効果。

 

又、仲間とも言えるニンニクは、アリシンの抗菌作用、加熱してできるアホエンにはコレステロール抑制、
血液サラサラ効果、肝機能活性や整腸作用があるとされ、中でもそのガン抑制効果はトップとされています。

 

夏のグリーンカーテンとして知られるゴーヤはビタミンCが豊富で、
苦味成分のモモルデシンには粘膜保護や神経覚醒作用、
その他にもコレステロールや中性脂肪抑制、血糖値を下げる効果があるとされます。

 

抗酸化作用はガンの予防やアンチエイジング効果、

血栓の予防や血をサラサラ効果が言われているポリフェノールは、
ゴマや玉ねぎ、紫芋やショウガなどに多く含まれています。

 

低カロリーでもあるシイタケにはエリタデニンが血圧やコレステロールを抑制、
動脈硬化の予防効果などがあり、レンチナンには抗癌作用、更に、
紫外線を浴びるとエルゴステノールという成分が歯や骨を強化すると言われます。

 

古来からの野菜である牛蒡は食物繊維が豊富で、大腸ガンの予防や整腸作用、
コレステロール抑制などにより動脈硬化の予防、イヌリンが腎機能を高め血糖値を下げる効果などがあるとされます。

 

食は健康の源であり、サプリメントを補助的に摂るのは良いですが、
食生活を改めて沢山の野菜を食べる習慣をつけましょう。